かい歯科クリニックかい歯科クリニック 谷町九丁目、上本町の歯科医院

かい歯科クリニック

MENU

歯髄保存治療(VPT) 症例集①

Case

WEB予約

Case歯髄保存治療(VPT) 症例集①

歯髄保存治療について

当院の歯髄保存治療は410件中、
追跡できる範囲の生存率として
約96%を記録しています。

※歯髄保存治療の留意事項

  • ①歯髄保存治療後は、噛み合わせの
    面を覆う形の修復治療をします
  • ②歯髄保存治療後に歯髄が壊死した
    場合、根管治療の難易度が通常の
    抜髄よりも高くなります
    (根管治療は自費となります)
  • ③露髄時または歯髄切断時に出血が
    止まらない、壊死していると判断
    される場合は、保存不可とみなし
    根管治療の対象と
    なります
  • ④歯髄保存後の修復治療は、仮歯や
    仮充填の状態で3ヶ月以上待ち、
    無事を確認してからとなります

以上を御理解の上、治療をお受けください。

症例①

症例①

  • ①左下5に歯髄に近い大きな虫歯がみられます。
  • ②内部では想像以上の虫歯が広がっています。
  • ③歯髄内にも感染があり、断髄を行いました。
  • (唾液が侵入しないようZooという機械を
    使用)
  • ⑤MTAにて歯髄保存を試みます。
  • ⑥仮歯で3ヶ月経過後、e.maxクラウンで修復。

症例②

症例②

  • ①金属の下に歯髄に近い虫歯があります。
  • ②非常に深い虫歯のため、期間をあけて2回に
    分け虫歯を取る方法(AIPC)を選択しました。
  • ③AIPCから4ヶ月後。象牙質が硬化し、歯髄が
    退縮したため、露髄せずに虫歯除去が完了。
  • ④形成後、プライムスキャンにて光学印象。
  • ⑤セレックアンレーを装着しました。

症例③

症例③

  • ①右下5に歯髄に近い虫歯があります。
  • ②中で大きな広がりをみせています。
  • ③慎重に虫歯を取りましたが、既に歯髄内に
    感染が達していました。
  • ④MTA充填後、ダイレクトボンディングにて
    直接修復を行いました。

症例④

症例④

  • ①右上7の金属の下に大きな虫歯があります。
  • ②露出した歯髄を保護します。
  • ③仮歯の状態で3ヶ月待機し、無事を確認。
    ゴールド4/5冠を装着しました。
  • ④仮止め(仮着)して半年が経過しました。
    ゴールド修復は仮着が可能なため、なにか
    起きたときもすぐに外して確認が可能です。

症例⑤

症例⑤

  • ①大きな虫歯。レントゲン上では虫歯は歯髄
    まで届いてないように見えますが…
  • ②若年者の虫歯は、レントゲンイメージより
    実際には大きい傾向があります。
  • ③歯髄を傷つけないように感染源を取り切り、
    露出した歯髄を保護します。
  • ④ゴールド7/8冠を仮着しました。
  • ⑤仮着から半年、歯髄保存治療からは10ヶ月。
    現在のところ経過良好です。

症例⑥

症例⑥

  • ①他院にて「生活歯髄断髄法」にて治療後、
    噛むと痛い、冷たいものがしみるとのこと。
    各種検査にて生活歯髄と診断しました。
  • ②セメント除去時点で感染歯質の取り残しが
    見えてきました。慎重に除去します。
  • ③歯髄を傷つけないように除去完了しました。
  • ④歯髄を保護し、レジンコーティング&築造。
  • ⑤仮歯で半年待機後、セレッククラウン装着。
    さらに半年経過、無事を確認しました。

症例⑦

症例⑦

  • ①左上4.5.7に歯髄に近い、大きな虫歯。
  • ②歯髄保存治療後から半年経過。無症状で、
    歯髄診断にて生活反応がみられます。
  • ③セラミッククラウンを装着しました。

症例⑧

症例⑧

  • ①歯髄に近い大きな虫歯があります。
  • ②相当な広がり方をしていました。
  • ③慎重な操作の結果、歯髄目前で除去完了。
  • ④歯冠の丈が低い歯には、グルーヴ形成した
    ゴールド7/8冠を推奨しています。
  • ⑤仮着のまま半年、問題なく経過しています。

※歯髄保存治療

  • 小臼歯…15,000(税込16,500)
  • 大臼歯…18,000(税込19,800)
  • (クラウンの費用は別となっております)